大切な情報が含まれた外付けのhddが認識しなくなったならココ

PC

企業に必要なセキュリティ

企業では様々なデータをパソコンで入力し、ハードディスクに保存しています。しかしハードディスクは消耗品なので故障することがあります。そうなると保存していた情報やデータが取り出せなくなります。その時に便利なのがデータ復旧の専門会社です。高い技術力のスタッフがいるので、確実にデータを復元してくれます。

ファイル

安全にデータを転送する

ファイル転送を安全に行える方法として、クラウドファイルサーバを使った方法があります。クラウドファイルサーバはインターネット上で提供されるサービスで利便性とセキュリティ面でも強みがありますし、ファイルの取扱も簡単で、ファイル転送も容易に行うことができます。

システム

選定する基準

クラウドサービスなどを利用するのに必要なのがデータセンターです。自社でサーバーを設置するよりコスト的にも安くなるのです。しかし安全性はしっかりと考慮する必要があります。災害や、停電などトラブルは想定すべき項目なのです。

動かない時の解決法

ハードディスク

ケーブルの確認から

ノートパソコンのように容量が少ない端末では、外付けhddはデータの保存先としてとても便利です。ケーブルを接続するだけでデータをやり取りすることができ、バックアップだけでなくドライブの移し替えなどにも役に立ちます。ただし何らかのトラブルによって、外付けhddが認識されないこともあります。そのままではせっかく保存したデータも無駄になってしまうため、トラブルに合わせた適切な対処法を取るようにします。原因の中でも最も多いものが、ケーブル類の差し込み不足です。しっかり奥まで差し込んでいなかったせいで、外付けhddが認識されないことがよくあります。パソコンに差し込むUSBケーブルに加え、電源アダプターも確認するようにしましょう。差し込んだつもりでも中に異物が入っている場合もあるため、一度外して調べるのも良い解決法です。パソコンでは外付けhddを動作させるために、ドライバと呼ばれるソフトウェアを必要とすることがあります。万が一このドライバがインストールされていないと、ケーブルを差し込んでも認識されません。製品に付属していたセットアップ用のCDなどを確認し、必要なドライバを入れてから改めて接続し直すと動作することがあります。パソコンのOSを入れ替えた時などはドライバを入れ忘れていることがあるため、注意してください。強い衝撃を与えたせいで、外付けhddに内蔵されているディスクが壊れるトラブルもあります。その場合は電源を入れてもディスクの動作音がせず、認識されません。復旧サービスへ依頼して、トラブル解決をお願いすることになります。