大切な情報が含まれた外付けのhddが認識しなくなったならココ

安全にデータを転送する

ファイル

データファイルを他のパソコンに転送するさいの方法としては、SDメモリーなどの記憶媒体を使うことや、電子メールの添付ファイルを使うといった方法のほかにファイルサーバに保管してファイル転送を行うといったものがあります。この中でもスピーディーに、かつ安全にファイル転送ができるのが、ファイルサーバを利用するタイプのものです。SDメモリーなどの記憶媒体を使う場合には物理的に紛失するリスクがありますし、大容量のデータを書き込むにも時間が掛かります。電子メールの添付ファイルでは送れる容量が限られます。またこれらのファイル転送方法では、ウイルスやマルウェアなどが入り込む余地があり安全な方法とはいえません。一方でフィアルサーバを利用するファイル転送では送れる容量はプランによって拡大することができますし、またウイルスチェックやそこからデータを取り出すさいの暗号キーなどを設けることができるのでセキュリティ面でも強みがあります。またファイル転送は自社でサーバを持つよりも安価に利用できるのも強みです。無料で使えるものもありますが、専門業者であればバックアップも定期的に行われているのでデータを失うリスクが少ないメリットがあります。費用相場は、容量によって変わってきますが導入費用が1万円程度で月額5千円からはじめることができます。本格的なサービスの場合には月額5万円程度は必要になりますが、そのぶん大容量のサーバを利用することができます。